■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

ぐったりたぬぬはナニモノなのか

 ども、ぐったりたぬぬのスラです。 花粉症かと思ったら、見事に風邪。 この時期の花粉は平気だったはずなのにこの鼻炎は一体ナニ? なーんて思っていたら見事に喉と熱にもやられました。 というか現在進行形でやられています。 げほげほ。 へーちょ。

 それはさておき、天変地異を起こすというあの CH では先週末、最大瞬間参加者数 7 人を観測しました。
ぐったりCH: 3/12の最大瞬間参加者数
賑やかなのは良いことですb が、これで天変地異とかが起きたり、被害者の会 CH が立ったりしなければもっと良いb 今回の天変地異というか災厄は、スラ←が風邪をひいたってことでご容赦願いたいものです。





 さてさて、最近に始まった話じゃぁないですけど、どうやら CH の一部でスラ←の正体を気にしてくれる 奇特な 方がいらっしゃるようです。 巷ではやれ仙人だとか宇宙人だとか化石だとかシーラカンスだとかいろいろな噂が流布しているみたいですが、どうやらぐったりたぬぬはこれらいずれにも該当しない様です。

 リアルにおいてまで、「霞を食べて生きてそう」 なーんて言われちゃったりする昨今ですが、まだまだ気を練ることもできず、せいぜい呑気に寝る程度。 某武天老師様ほど煩悩全開ってわけでもないと思いますけど、頭の中は妄念でいっぱいです。 そんなスラ←は羽化昇天どころか尸解すらしていません。 ってわけで、まだ仙人にはなっていないってのが事実です。 というか、不老不死なんかに興味ありませんっ>< ま、あわよくば仙術くらいは使えたらいいなー、なーんて思ったりはしますけど、ねb

 それから、スラ←を宇宙人にしたがっている方もときどき見受けられますけど、残念ながらスラ←はずっと地球で暮らしていますb 一時期、お花見公園界隈では (とりわけ某キキさんあたりから) 情報統合思念体とか言われてた時期もありましたけど、「ほどけない問題などありはしない」 なんて断言できるわけもなく、事実、先日、しゅーさくさんから盛大に不正解の烙印を頂戴したばかりなのです(ぁ。 まぁ、できるのであれば宇宙を自由に移動する手段を考えてみたり、あるいは情報統合思念体の非常に高度な知性というものをスラ←も持ってみたい、なーんて思わないでもないですけれどw

 あと、スラ←はよくぐったりしていますけれど、まだホネにはなっていませんb したがって化石にはなりません。 「じゃぁ、生きている化石ってことでシーラカンスだっ」 なーんて言ってくれる方もいたりしますけど、残念ながらスラ←にはもふもふのしっぽがあるだけで、水中生活に適した鰭や鰓の類は標準装備されていないのですb ちなみに、オプションとしても取り付け不可です。 そもそも、たぬぬは 「たぬき」 をもじったものであって、TS における 「たぬき」 はラクーンが 「都合よく見た目が似ていて語呂がよかった」 という理由で意訳されたもの (だと思う)。 ってなわけで、どう考えてもぐったりたぬぬであるスラ←は魚類じゃぁないわけですb もっとも、マンボウみたく日なが海中をぷかぷか漂う生活ができるなら、それはそれで悪くないですけど (でも、体表の寄生虫だけはご容赦ください><

 ってな具合に、それらはある種の願望ではあっても、正体じゃぁないですよb と。 ま、これらの候補がネタの一環であることは重々承知していますけど (仮に本気でスラ←のことを魚類だったり宇宙人だったり仙人だったりとか思ってる人がいるとしたら、ぜひとも直接お会いしてじっくり話し込んでみたいところです)、実用性をまるで無視した思索で時間を潰すのは嫌いじゃないので、ついついこういう駄文を書いちゃうんですよねぇ (遠い目。

 と、ここまで書いて思い出したんですけど、一部の方はお花見公園のことを 「桃源郷」 とかって呼んでいたような……。 ついでに言うならハロウィン広場は常に夜。 時間の概念が存在しない神の世界 (桃源郷もこの一種とみなせる) を意味する 「常世」 は、古くは 「常夜」 と書かれたみたいですし……。 桃源郷に行けば仙人同様になれるって説もあるくらいですから、ある意味では仙人みたいなものなのかもしれませんねぇ。

 ぁ、それにそういえば、領域 A に在住する人を 「A 人」 と表現するとき、地球上の人類は地球人ですけど、同時に全ての地球人は宇宙人ってことになっちゃいますよねぇ。 地球は宇宙に存在するわけですから、地球人はまた宇宙という領域に存在するわけで……。 それに、あの対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースが 「生み出されてから3年間 (ry」 って言っているように、生まれてからずっとどこで何をしているかは問題の本質には無関係ですし……。 まぁ、情報統合思念体が 「人」 なのかどうかはおいておくとしても、結局、領域を宇宙まで拡張すれは宇宙人であると言えないこともない、と。

 それから、よくよく考えてみれば、シーラカンス。 あの形からおよそ想像がつくかもしれませんけど、シーラカンスって実は白身魚なのですb ……ぉ? 白身魚? そういえば、かつて何度か、スラ←自身を白身魚に例えていたような……。 勢い余って作ってしまった CH お知らせツールの名称は 「白身魚の友」 ですし、あぁ、もしかして墓穴を掘っちゃったでしょうか……。

 っと。 前半と後半で言ってることが 180 度変わった気がしないでもない……。 軸がぶれているとはまさにこのことですか。 いや、むしろぐったりしてるから軸なんかないのかも。

 いずれにしても、スラ←の正体なんか知ったところでそれ以上なにが得られるわけでもないので、あんまり根掘り葉掘り問い詰めない方が良いですよb と。 どうせこんな風に、本質に触れることなくのらりくらりとかわされちゃうだけでしょうからw ぐったりたぬぬはきっとどこまでいってもぐったりたぬぬでしかないのですb

公園日記 | 15:11:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。