■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

そもそもたぬぬはナニモノなのか

 昨日の記事で、「たぬぬは 「たぬき」 をもじったものであって、TS における 「たぬき」 はラクーンが 「都合よく見た目が似ていて語呂がよかった」 という理由で意訳されたもの (だと思う)。」 ってなことを書いたところ、早速、この記事を読んだ方から CH にてコメントを頂きました。 曰く、「ラクーンがたぬきに意訳されたんじゃなくて、たぬきの英語表記ラクーンドッグだから、ドッグを省略してラクーンになったんじゃない?」 とのこと。
たぬきの由来

 たぬきって Raccoon Dog って言うんですか……。 いやはや、ぐったりたぬぬを名乗りながら、そんなことはまったく知りませんでした(ぁ。 ってなわけで、↑を聞いた時には、思わず脊髄反射的に納得しちゃいました。





 ラクーン→たぬきじゃなくて、たぬき→ラクーン。 発想の方向がぐるっと 180 度転換しているこの考え、見た目が似ているなーんて根拠のスラ←の理論よりもよっぽど説得力がありそうです。 これなら、ペットがちびたぬきになっている理由も十分に説明できますし。

 駄菓子菓子! スラ←はやっぱりラクーン→たぬき説を推したくなります。 まずは、昨日も書いた、見た目の問題。 世界のぐーぐる様のイメージ検索で、タヌキとアライグマを比べてみましょう。


いや、さすがに無理がありました……。ってわけで、気を取り直してもう一度。

似てると言えば似てますよねb ちなみに、タヌキで検索してもアナグマやアライグマの画像がヒットしていますし、アライグマで検索してもレッサーパンダやタヌキの画像が紛れ込んでいます。 中には本文で混同していることがうかがえるものもあったり、見た目間違いやすいのはどうやら間違いないようです。

 ここまでは単に見た目が似ているという話。 これは、プレイヤーのキャラクターがラクーンで、一方ペットがちびたぬきである理由を語る上では、たぶん有効な議論です。 ただ、見た目が似ているというだけなら 「たぬき→ラクーン」 でも 「ラクーン→たぬき」 でも問題はないわけで、矢印の向きを考えるにあたってはこれだけでは不十分。 昨日の記事を書いた段階では、たぬき→ラクーンという考えを全く想定していなかったので、似ているってだけでそれ以上突っ込まなかったんですけど、そう、きっと大事なのはどこが違うか、という点。

 千葉県立中央博物館のサイトにちょうど良い比較ページがありました。 剥製ですので、全体にやせ気味ですけど……。 ちょっと気になるところがありますよね? そう! 注目すべきはしっぽですb

アライグマのしっぽがもふもふじゃない!!ΣΣ( ̄□ ̄ ;

ぁぃ、これも剥製だからってことでスルーしてください(ぁ。 ここで見るべきポイントはしっぽにあるしましまの模様。 これ、アライグマにはあってタヌキにはないんですよb

 かつてクッキーで再現してみたように、トリスタにおけるラクーンの尻尾にはきれいな縞模様がはいっています。 つまり、プレイヤーキャラクタのラクーンは、タヌキにはないアライグマの特徴を持っているって言えそうですよねb

 あと、違う視点からもう 1 点。 以前、ラクーンが悪魔化した子 「イノートくん」 がペットとして発売されたときにネタにしましたけど、あの時発売されたアイテムは狸でも犬でもない 「超熊箱」。 タヌキはイヌ下目イヌ科に属する犬の仲間。 これに対してアライグマはクマ下目イタチ上科に属する、どちらかといえば熊の仲間。 ってわけで、ラクーンドッグというよりは、やっぱりただのラクーンなんじゃないかなぁ、と。 まぁ、そんな理由でスラ←は 「ラクーン→たぬき」 説を推すわけです。

 とはいうものの、これは傍証であって確証ではないので、ホントはたぬき→ラクーンという流れがあったのかもしれません。 真実は神のみぞ知る、といったところでしょうか。

 怖いのは、ある問題に対してアプローチを 1 つしか思いつけない、あるいはそれしか見えなくなってしまう状況。 敵を倒す手段としてブリザガしか知らない、使わないとしたら、氷属性の相手にはコテンパンにやられちゃうでしょうからb どれを選ぶかは別の問題としても、その経路はたくさん持っていたほうがお得なんだろうなぁ、と。 今回、たぬき→ラクーンという 180 度転換した発想に遭遇して、そんなことをちょっとだけ考えたぐったりたぬぬでした。

以下、私信

 毎度、記事読んでいただいてありがとうございます。 それから、勝手にブログのネタにしちゃってすみませんっ><; フィードバックをもらうために書いているわけではないですけれど、だから尚更、内容に対してボケやツッコミが入ったりするのはありがたい限りです。 今後とも、生温かく見守ってやってくださいませm(_ _)m

公園日記 | 14:44:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ネタにでも何にでもしてくださいw
…大昔、プレーヤーキャラに対応する店売りのペットが「ちびたぬき」だったのを見て調べたんですよ>raccoon dog
で、適当に納得してただけだったりします…w

科も属も違うけど、言葉は似てる。
人がモノを表す時ってそんなものだって思ったりします。

しかし狸の尻尾は縞々がなかったのか。
変身マ○オのしっぽは縞々なのにねぇ…(比べるところが間違ってる)
2010-03-21 日 17:01:17 | URL | 特化羊 [編集]
Σそういえば
>特化羊さま
マ○オはたぬきを名乗りつつ、しましましっぽでしたよねぇ……。
すっかり忘れてましたw

たぬぬとアライグマ。
自分で書いておいてアレですけど、確かに
科だの属だのといった分類学的な根拠はあんまり当てにはできないですねぇ。
そもそも、分類に従ってもアライグマはどちらかというと熊なのであって、
正真正銘の熊ではないわけで。
大事なのはあくまでも「違和感なくそのイメージを受け入れられるか」 というか、
キャラクタに対する親しみやすさやニュアンスに対する共感を得られるかどうかってこと。
そういう事情を無視して、やれ分類上は何だなんて議論するのは無粋以外の何でもないでしょうw

そんな無粋なぐったりたぬぬは、枕草子でも読んで、もののをかしさについて再考してきます(ぉ
2010-03-21 日 23:39:20 | URL | すらと書いて無粋なたぬぬ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad