■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

空気感

 こんばんは。 ぐったりたぬぬです。 このところまた暑いですねぇ、溶けそうです。
融
↑寝て起きたらこうなってた……的な。 暑すぎに乗じた手抜きですみません……。

 ところで先ほど、夜道をぐったりと歩いていたら、一匹のツクツクボウシが鳴いていました。 ナニを勘違いしちゃったのかこのツクツクボウシくん、こんな時間 (AM 3:00 ごろ) にも関わらず街灯の下で盛大に独唱していました。 まぁ、昼間の暑い盛りに鳴くよりは、ちょっと涼しいコレくらいの時間帯に鳴くほうが体力的に楽だったのかもしれないですけど (そーなのか。 ほら、昔から、宿題は午前中の涼しいうちに……とかって言うじゃないですかb





 ツクツクボウシの鳴き声を聞くと 「ぁー、まだ暑いですけど、夏も終わりに近づいているんですねぇ……(しみじみ」 なーんて、ちょっとだけ切なくなります。 そんなことに気づいたのは小学生中学年くらいの夏休みでしたっけ。
ツクツクボウシが鳴き始める

夏休み後半の出校日が近い

Σ宿題終わってなーいっ (T□T;
的な。 切なくなるというより、切実な問題ですね……。 それ以来スラ←の中では、ツクツクボウシといえば夏休みの宿題のラストスパート (というよりものすごく出遅れたスタート) を知らせる号砲のような存在になっています (ぁ。

 ↑みたいな事に気づいた頃のスラ←といえば、当然、今と比べて知ってることも限られてましたし、今みたく詭弁を弄することもなかったはず (と信じたい。 でもたぶん、空気感っていうんでしょうか、そういう 「はっきりしない何か」 を察するスキルについては、きっと今よりずっと長けてたんじゃないかなぁ、なーんて思います。

 たとえば、春先や秋独特のあの感じとか、夏の早朝、アブラゼミが鳴き始める直前のあの雰囲気とか。 そういった、「たとえ場所が変わってもやっぱりある時間ごとに共通して感じられる雰囲気」 なんかが良い例ですね (例示しようにも、それを一言で書き表す表現力を持ってないのが辛いところです。

 今でもそういったものを察知することはありますけど、大抵は 「あの頃のあの空気と同じですねぇ」 なーんて結論に至るだけで、そういうものを新たに発見することってなかなか無いんですよね。 発見し尽くしてるわけなんて無いでしょーに。 夏の終わりにツクツクボウシが鳴くってのもたぶん、この頃に発見していなければ、今のスラ←がそれに気づくことはきっと無いでしょうねぇ。

 万物は流転する。 諸行無常。 はっきりしない何かを察することと詭弁を弄することのどっちが良いかという議論はさておき、スラ←とて人なんですから時間が経てば多かれ少なかれ変わってきます。 今年のスラ←は多少なりとも学習したのか、夏休みの宿題はかなり早い時期にまとめて提出しちゃいましたb うん、スラ←えらい。

 結果、大量の 「やり直し」 のハンコと追加課題とともに突っ返されちゃいましたけど(爆。 曰く、「コレだけ早くできるなら、こっちもやってみようねb ぁ、それからせっかく早くできたんだから、ここはもう少し直しておこうか」 とか。 何でも早く出せば良いってモノじゃぁないみたいですorz

 8 月も残すところ後 2 週間弱。 その気になれば、まだ何かできるくらいの時間は残ってますb 賢明な皆様にあっては、夏休みの宿題はくれぐれも計画的に~。


へびのあし

 タイガーモス号 (@ラピュタ) の機関音というか飛んでいるときの効果音 (プロペラの音なのかなぁ) って、ツクツクボウシの鳴き声を加工するとそれっぽい音になりそうです。 実際にそうやって作ったのかどうかは知らないですけど。 ぁ、だからなんだ? っていうツッコミはナシの方向で。

たぬぬのねごと | 04:54:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。