■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

【ActionScript】文字列の置換

 例によって式神さんのためのメモです。

 ActionScript の文字列型って、文字列の置換をしてくれるメソッドが無いんですね。 今まで文字列処理は php に任せていたので、ぜんぜん気づきませんでした。 そんな中、ActionScript 側で文字列の置換をしようとするとどーなるのか……。





 結論から言うと、split と join を使うことで解決できます。 たとえば、"た" を "ちゃ" に置換するなら↓こんな感じ。

var org = "ぐったりCH"; // もとの文字列
var dst;                // 変換後の文字列
var buf = new Array();  // バッファ

buf = org.split("た");  // "ぐっ" と "りCH" の 2 つの文字列に分割される
dst = buf.join("ちゃ"); // "ぐっ" と "りCH" の間に "ちゃ" をはさんで結合

trace(dst);             // "ぐっちゃりCH" が出力される

 ↑説明上バッファ変数 buf を使ったんですけど、str.split("た").join("ちゃ") とすれば buf は必要ないですねb

 ちなみにスラ←がしたかったのは↓コレ。 改行コードの統一ならこんな感じ。

var str;
str = org; // もとの文字列

var dst; // 変換後の文字列

var CR = String.fromCharCode(13);   // 改行コード CR
var LF = String.fromCharCode(10);   // 改行コード LF

str = str.split(CR+LF).join(LF);    // Windows 型改行 CR+LF を Unix 型 LF に置換
dst = str.split(CR).join(LF);       // Mac 型改行 CR を Unix 型 LF に置換

trace(dst);  // 改行コードが Unix 型に統一された文字列が出力される

 こういうのっていわゆる定石なんでしょうけど、最初に考えた人はすごいなぁ、と。

参考

にゃあプロジェクト - ウェブログ - 改行コードを統一する (2)

テーマ:Flash - ジャンル:コンピュータ

たぬぬのねごと | 10:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。