■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

とろとろたぬぬ (その 1

 こんばんは。 ぐったりたぬぬです。

 今月初め、某「。」の龍さんこと、しぐさんと 1:1 でお話ししていたときのこと。
本日発売!とろとろたぬぬ
何かが、ピーンと来ました。
かつての裏日記みたいなことができそうな予感です。





 「とろとろたぬぬ」 って聞いて、何をイメージしますか? たとえばそのフレーズは、某 「たれぱ○だ」 のようなとろとろ癒し系 (?) キャラクタを想像させるかもしれないですし、あるいは、↓こういうモノを思い浮かべた方も、もしかしたらいるかもしれません。 これ描いたの、2年半も前なのかー……。
融
ま、何にしても、「とろとろ」 と 「たぬぬ」 から何を思い浮かべるかについては、人それぞれのとらえ方があるかと思います。

 ちなみに、それを言った本人であるしぐさんと、それを聞いたスラ←は、なぜか、共通で食べ物っぽい何かを連想ていたみたいです。
とろろたぬき(うどん・そば的な意味で
あぁ、そうです。 どーせ自虐ネタですよ……。

 いや、ほら、温かいものを食べたくなる季節じゃないですか。 鍋とか鍋とか鍋とか。 ぐったり CH では年中無休で鍋にされかけているスラ←ですけど、温かいものがおいしいこの季節は特に身の危険を感じる時期なのです。

 で、CH やお花見公園における食物連鎖のおそらく最下層に位置するぐったりたぬぬが、みんなに食べられることなく平穏に過ごすにはどうしたら良いか。 その答えの一つとして浮かぶのが、スラ←の身代わりになる食料があれば良いんじゃないか、ってことなのですb 飢えた肉食獣であっても自分が必要とする以上の狩りはしないって言いますし、スラ←を食べるよりもおいしい何かがあれば、スラ←は平穏に過ごせるんじゃないだろーか、と。

 ってわけで、「幻と現の間」 企画。 今回は、「とろとたぬきそば」 を作ってみたいと思います。 とりあえず、次回に続きます。

幻と現の間で | 21:41:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad