■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

とろとろたぬぬ (その 4

 こんにちは。 ぐったりたぬぬです。 今朝から写真を Up できない状態だったので、今日の更新できないかなーとか思ってたんですけど、今試したら何か Up できちゃったので早速更新です。

 さて、今回で 4 回目となるとろとろたぬぬ連載企画。 一つのネタで延々ひっぱるのが裏日記くぉりてぃーですが、実は今回がこのネタの最終回。 いよいよ 「とろとろたぬぬそば」 が完成しますよー。





長いもを劇的におろす

 長いもをおろし金ですりおろします。 すり鉢とか使うと良いんでしょうけど、あいにくそんなステキな機材はお持ちでないので、おろし金大活躍です。

 長いもは、とろろの出来上がりを白くするために皮をむいておきます。 ↓こんな感じで、端っこだけ皮を残しておくと、おろすときに手が滑らなくていい感じb
長いも@びふぉー
で、ざくざくすりおろしていくと……
とろろ@あふたー
なんということでしょう (棒。 ごつごつした長いもは姿を消し、とろとろふわふわのとろろが (ry。 ちなみに、端の皮付きの部分は、最後に皮をむいて、細かく刻んで混ぜちゃいました。

そばを茹でる

 長いもをおろしている間にお湯を沸かしてそばを茹でます。
そば@茹で中
今回は、生そば一袋 160 g を使いました。 茹ったら湯きりして盛り付けに移ります。

盛り付け

 このあたりはもう個人のセンスの領域ですねぇ。 とりあえず、スラ←的配置は以下の通り。 真ん中に温泉たまご、奥に揚げ玉、左にわかめ、手前にとろろ。とろろと揚げ玉の境目にねぎを添えて、わかめの手前にわさびをのせる、と。

 で、↓が完成品。 ねぎを盛りすぎたかも……。 あと、とろろに刻み海苔とかあっても良かったかも……。
とろとろたぬぬ 完成b
部屋の照明がイマイチで、おいしそうな写真が撮れずに四苦八苦している間に、揚げ玉がつゆ吸って黒くなっちゃいました……。

 と、そんな感じで、とろとろたぬぬは無事に完成しました。 出汁とか予め準備してあれば、調理時間は全部合わせて 30 分くらいでできるでしょうか。 スラ←は写真撮ったりしながら作っているので、もうちょっと時間かかっちゃいましたけど……。

 味の方は……、なんていうか、
とろろそばに揚げ玉を乗せた感じですb
ほら、味付けとか別段なにも変わったことしてないですしー。 当然と言えば当然。

 市販のそばつゆを使えば長いもをすりおろすだけで作れますし、長いもをおろすまでもなく 「冷凍すりおろしとろろ芋」 なんてものまで売られているご時世です。 スラクッキーみたいなトラウマ的手間 (1 枚のクッキーを作るのに 1 時間)をかけなくてもお手軽に作れる一品ですので、良かったらぜひ試してみてください。

 ぐったり CH でスラ←を鍋にするくらいなら、とろとろたぬぬを作って食べた方がきっとおいしいこと請け合いなのですb

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

幻と現の間で | 11:26:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。