■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

うちわ考

 こんばんは。 ぐったりたぬぬです。

ぐったり

 なんだかんだで一日中サーバくんの相手をする羽目になりました。 データベースサーバとメールサーバ。 機能的には問題ないんですけど、細かいところがびみょーに意図通りに動いてくれないという悩ましい現実。 設定を変えては動作確認というルーチンを繰り返していたら、あっという間に時間が過ぎていました orz

 で、そんななかふと気になったのがタイトルのそれです。





 暑い夏の友と言えばエアk……じゃなくて団扇。

 夏のイベントとかに行ったりすると、うちわを貰えたりしますよねb 最近では、エコのためなのか経費削減のためなのか、丸い厚紙の端の方に丸い穴を開けた簡易うちわが流行ってますけど、その一方で、プラスチックの骨に紙を貼ったいわゆる団扇もよく見かけます。

 ところでこの骨つき団扇の骨。 どこへ行っても、同じ骨がよくつかわれていると思いませんか?? たとえば同じイベント会場の別々のブースで配られていた団扇。 紙の部分の印刷は違うけど、よく見ると骨の形は全く一緒だった、とか。 別の日に別のイベントに行って配られた団扇の骨を見たら、パーティングラインまで一緒だったとか。 これでもかってくらい、同じ骨を見かけるわけです。

 さらに言うならば、この骨、少なくともここ数年間はデザインが変わっていないように思うのです。 残念ながら、今手元にあるのは数日前にスラ←のところへやってきた今年モデルの団扇さんなんですけど、記憶している限り、スラ←がこのブログを書き始めたころにも同じデザインの団扇 (の骨) さんがいたはずなのです。 物証挙げられないのが心苦しいですけど。。。

 要するに何が言いたいかっていうと、この骨、誰が作っているのか、ってのが気になる、と。 団扇の規格なんて聞いたことないですし、まして細部のデザインにまで規格があるはずがない (と思う)。 にも拘らず同じデザインの骨が大量に出回っているってことは、それを作っている誰か一人の人 (人は自然人とは限らないですよb 法人だって人なのですbb) がいるってことだろうと。 もしかしたら、金型がたくさんあって、いくつかの場所で大量に作られているかもしれないですけど、最初の原型をデザインした人はどこかにいるわけで。。。

 とまぁ、そんなことが気になり始めたのが運の尽き、あるべき作業を忘れてついつい団扇の骨について検索し始めちゃうぐったりたぬぬさん。 調べてみると、この骨、かなりメジャーな商品らしく、あっちこっちで団扇キットとして販売されている模様。 なるほど、そりゃぁこれだけメジャーなら、あっちこっちのイベント会場で見かけても不思議はないです。

 そんな中、団扇工場 (?) の動画があるという情報を入手。 さっそく Youtube へ飛んでその動画を再生してみると……
PC がフリーズしました orz
そういえばこの PC、最近、Youtube の動画を再生するとフリーズするんでした……。

 サーバの作業途中から思いつきで団扇について調べ始めて、そのまま PC フリーズ。 サーバへの操作のメモをテキストエディタにコピペしながら作業してたんですけど、保存する前に全部消えちゃいました (T□T ;

 ってわけで、作業メモは全滅。 団扇の骨は結局謎のまま。 まったく、二兎を追う者一途を得ずとは、よく言ったものです。

 どなたか団扇の骨について詳しい方がいらしたら、この件、スラ←に教えてやってくださいませ。 よろしくお願いいたします~ m(_ _)m

たぬぬのねごと | 22:28:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。