■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

本の質量についてさらに突っ込んで考えてみた

 おはよーございます。 ぐったりたぬぬです。

 前回の最後に書いた 「スラさんの持ちモノじゃぁない本はどーれだ?」 ですが、誰も答えてくれなかったよ。 ぁー、わかってましたよー。 どーせみんな、すら←になんて興味ないんでしょーー (T□T;

 ってわけで某きゅーたんにぼやいてみたら 「大江戸奇術考」 って答えてくれました。 残念ながら正解じゃぁなかったですけど、相手してくれてありがとうございますー m(_ _)m





 さて、前回は本の密度を測ってみました。 その結果わかったのは、
「本はガソリンと同じくらい重い」
ということ。 実に不毛な結論です。 そこで今回は、ネタの使いまわし前回の測定結果をもとに、もう少し実のある結論を導いてみたいと思います。

 たぶん世間一般的に、本って、縦にした状態で並べて保管されますよね。 中には平積みされていることもあるかもしれないですけど、そうすると下のほうにある本を取り出せなくなっちゃいます。 というわけで、一般に本は立てた状態で横に並べられていると思うのです。
本棚のイメージ。 スラ←のじゃないよ?

 となると、ですよ? 本を保管するうえで気をつけないといけないのは、密度 (本の体積と質量の関係) というより、単位厚さあたりの質量なのかもしれません。 単位厚さあたりの質量ってのは、幅 1 m の本棚に同じ本を端から端まで並べた時、棚板にかかる本全部の質量のこと。 これがわかれば、本棚の幅が決まった時、棚板にどれくらいの質量が乗っかるのかがわかる、と。

 前回の結果をもとに、各本の単位厚さあたりの質量を計算してみました。 計算方法はとっても簡単で、本の質量を本の厚さで割るだけです。 結果は下表。 下は 11 kg/m、上は 49 kg/m まで幅のある分布となりました。

タイトル分類高さ
[mm]

[mm]
厚さ
[mm]
質量
[g]
単位厚さ質量
[kg/m]
未来いそっぷ文庫1501051215012.5
鉄鼠の檻文庫1491055865811.3
記憶と情動の脳科学新書1731121622013.8
大江戸奇術考新書1721051115914.5
ARIA 12巻コミック1821301622113.8
クラシック・マジック事典実用書?2161552147422.6
Interface雑誌2802101049049.0
DTM MAGAZINE雑誌277210941045.6
航空機の基本技術専門書25718230110136.7
ゲームプログラマになる前に
覚えておきたい技術
専門書23618445165736.8

 エクセルの関数 CORREL を使って、本の高さと単位厚さあたりの質量との相関係数を計算したところ、0.98 でした。 また、本の幅と単位厚さあたりの質量についても同様に計算してみましたが、これも 0.98 でした。 相関係数は 0 ~ 1 の間の値をとり、その値が 1 に近いほど 2 つのデータの相関性が強いことを示します。 計算された値は 0.98 であり、1 に近い値であるため、単位厚さあたりの質量は、本の幅や高さと強い相関関係があることが数値的に示されます。

 「A と B の相関性が強い」 とは A が大きくなれば大きくなるほど、それに比例して B も大きくなる傾向が強い、ということ。 言い換えれば、
「同じ厚さの本を比べた時、幅や高さの大きな本のほうが重たいよ」
って話なので、当たり前っちゃぁ当たり前の結果でした。

 ちなみに、上の結果をグラフに表すと↓こんな感じ。
単位厚質量グラフ 本の高さを h mm、幅を b mm、高さと幅を基準にした単位厚さあたりの質量をそれぞれ wh kg/m、wh kg/m とすると、これらの関係は以下のような式で近似できそうです (グラフ中の曲線の式)。

wh=2.4×10-6×h3
wb=5.0×10-6×b3

 で? って言われるとどーにも苦しいところですが、本の高さが 180 mm 以上であれば、あるいは、本の幅が 130 mm 以上であれば、実際に本の質量を測らなくても単位厚さあたりの質量を予測することができるかなー、と。 本棚で一段の高さを決めた時、その棚にどれくらいの質量がのっかるのかを推定しやすくなるかなー、と。

 まったくもって誰得な話になってしまいましたが、なんとなく今後の寝言の方向性が見えてきたので今日はこの辺で。

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

たぬぬのねごと | 07:42:29 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

とあるたぬぬの壁面書棚<ブックシェルフ> 4 ~詳細設計(ディテールデザイン)~
 まいど。 ぐったりたぬぬです。  さっそくですが、本棚企画始めます。  今回は、本棚の詳細な設計を行います。 具体的には、まず本棚で使う板材の厚さを決めて、その後本棚... 2013-05-12 Sun 13:02:03 | お花見公園 裏日記

FC2Ad