■実験室

■プロフィール

Sligh'Hand

Author:Sligh'Hand

所属ギルド
Open Travelers
称号
ぐったりたぬぬ
特徴
公園内でマジシャンを目指す新米教師。桜の下で「たぬき寝入り」するのがマイブーム。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■リンク
■RSSリンク
■カテゴリー
■月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--

クッキーを作ろう

 というわけでスラサブレを作ると言うことになったわけですが、あいにくスラ←はサブレ作りのノウハウを持っていないので、代わりにクッキーを作ることにしました。





 さてさて、スラクッキーを作ることにしたわけですが、どうやって作るのかが問題です。 ドット絵からシルエットを起こすだけなら出来なくも無いですが、それだけじゃぁちょっと面白みにかけます。 どうせなら形に加えて、あともう一つなにかネタがほしい……と言うわけで、この企画ではこんなことを考えてみました。

シルエットだけじゃなくて、色も再現してみよう!

相変わらず、無謀なことを考えます。 色を再現するといっても、赤いジャケットを着たクッキーにしてしまうと、さすがに見た目が派手すぎです。 ここでは白から黒の色調変化でたぬぬを再現することにします。

 方針が決まったので、早速原画を作ります。 といっても、たぬぬの絵を書き下ろすのも一手間なので、過去の原画をトレースしました。 この絵をベースに、どこにどの色を使うかを書き込んでいきます。↓↓

色設定

ホントは白、黒、中間の 3 階調で完結させたかったんですが、左の図のように、たぬぬを表現するには若干足りない模様。 で、しぶしぶ 4 色使うことになりました。 色数が少ないほうが生地作りは簡単なんです。

 原画が出来たら、次は 「型」 を作ります。 生地に押し付けるとその形にくりぬけるような、いわゆる 「型抜き」 用の 「型」 を作ることができれば、作業効率は格段によくなります。 が、こんな複雑な形状を相手に型抜きの型を作っていたら、文字通り日が暮れてしまいます。 ここでは、型抜きではなく、ナイフで切り出すための型を作ることにします。

 型の材料はこれ。

牛乳パック

牛乳パックです。 ご存知の通り、牛乳パックは紙製。 その加工性は抜群に Good です。 また、牛乳パックの内側にはコーティングが施されているため、生地の上に載せておいても水分や油分がしみこみにくいという利点もあります。 コレにイラストを転写し、はさみやカッターナイフで切り出せば、クッキー型の出来上がり、と相成るわけです。

 というわけで、作業工程。 まずはイラストを牛乳パックに転写します。 引き出しを  漁った  開けたら、  数年前の使い残りの  カーボンペーパーが出てきたので、転写にはコレを使いました。

転写

薄くて見づらいですが、転写後の牛乳パックです。 頭部、胴体、しっぽなど、大きなパーツごとに分けて転写しました。

 続いて、この牛乳パックを切り抜いていきます。

切り出し 1 切り出し 2

はさみとカッターナイフを駆使して切り出します。 細かいパーツが多いので、なくさないように要注意です。 全部きり終わるとこんな感じに↓↓
スラ型

腕と尻尾が緑色でナメック星人みたいだなんて言っちゃダメですb コレにて工作はおしまい。 次はいよいよクッキーの生地作りです。

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

幻と現の間で | 18:43:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。